モタの芸の備忘録

下手なりに地下芸を研究しています

モタ芸その2 基本技、基本尺の話とか(サンスネ、ドラスピ、ムラマサ、n技の概念)

前の記事↓

モタ芸その1 定義とか - モタの芸の備忘録


 

(注1)自分用の覚書のようなものなので、強い方々からすると間違いとかあるのかもしれません。ここおかしいだろとかは指摘してやってください。

(注2)またyoutubeヲタ芸部の皆さん、#videostarヲタ芸部の皆さんの動画を引用させていただいています。問題があったら削除いたしますのでご一報ください。(@)

 

というわけでオタ芸を始めると、オタ芸打つのにいい速さだ^~とか、この曲の尺は何だとか、ここの隙間どうやって埋めようとか、ラスサビなっがwとか、この曲長尺だ…知りたくなかった…とかいろいろ考えるようになってしまいます。病気です。治りません。

この記事では、とりあえずこれだけ覚えておけばまぁまぁ戦えるだろう、という技や尺について書いていきます。内容は以下の通り。

基本技
  • 「サンダースネーク」
  • 「ドラグーンスピア」
  • 「ムラマサ」
  • 「ロマンス」
基本尺
  • 「1技、通常尺」
  • 「2技、リフレクトドライブ尺」
  • 「3技、長尺、アーリーアストロ尺」

 

基本技について

サンダースネーク、サンダースネイク、サンスネ

【尺(拍数)】32

【所見】いつものその1。きほんのき。人によって形が大きく異なる場合がある。左右反転していたり、11,12拍目でクラップしたり、13-16拍目の回転が右回りだったり左回りだったりする。正解はない。君だけのサンスネを作ろう。(サンダースネイク表記が正しいらしい)

【例1】

【例2】

 

ドラグーンスピア、ドラスピ

【尺(拍数)】32

【所見】いつものその2。単体で用いられることはあんまりない(気がする)。9~16拍目が難しい。いちばんすき。

【例】

 

ムラマサ

【尺(拍数)】32

【所見】いつものその3。なんかだいたいドラスピとセットで使われてる(気がする)。

【注意】『サイリウムダンス』に同名別型の『ムラマサ』があります。混同しないように注意しましょう。(サイリウムダンスに取り入れる際、アサルトブレイクと取り違えられた模様)

【例1】

【例2】

 

ロマンス

【尺(拍数)】可変 最低16以上あるのが望ましい(?)

【構成】

a.(1,2小節目)

1 身体を右側(左側)に倒し、両腕で空を指さす。

2 両腕を下に引く

3 1を左右逆で行う

4 2と同じ

5,6 両腕を振って弾みをつける

7 1と同じ

8 2と同じ

b.(3,4小節目) a.1-8を左右逆にして行う

c.(5小節目~) 5-8を左右交互にサビが終わるまでやる

【所見】締めに用いられる、一番しんどいやつ。望ましいってなんだよ。何やってもいいんだぞ。どこにでもついて回るのでロマンスを制すものがオタ芸を制するって勝手に言ってる。言ってろ。

【例】上の3つの例の最後についてる上体と腕を左右に振る動きのやつ

 

サビの長さについて

技構成は一例です。何やってもいいんです。

 

1技、通常尺 など

【尺(拍数)】32+(16~32)

【技構成(一例)】サンダースネーク→ロマンス

【所見】8割くらい(体感)の曲はこれです。

【例】

【楽曲例】多すぎるのでアンセム(言ったもん勝ち)でも書いておきます

ほか

2技、リフレクトドライブ

【尺(拍数)】32+32+(16~32)

【技構成(一例)】ドラグーンスピア→サンダースネーク→ロマンス

【所見】ちょっと長い奴。ロマンスの尺が16以上なら2技にすることにしている(自分ルール)

【例】

【楽曲例】

ほか

3技、長尺、アーリーアストロ尺

【尺(拍数)】32+32+32+(16~32)

【技構成(一例)】ムラマサ→ドラグーンスピア→サンダースネーク→ロマンス

【所見】良曲に多い尺。逆か?長尺の曲は良い曲になる(?)。体力が要求される。尺の呼び方にアーリーアストロ尺とあるが、上の技構成はアーリーアストロという技ではない。アーリーアストロと言う技はあるが、説明していない要素が含まれるため、アーリーアストロについてはその3で述べる事にする。説明していない要素であるアーリークロスについてはその2.5-1で述べる。

【例】

【楽曲例】

ほか

 

基本は8小節(32拍)を基調としたこの3パターンだと思ってます。その3ではみんなだいすき特殊な尺の話をします。

その2.5-1では、ここに述べた以外の8小節(32拍)の技(主にサイリウムダンスからの逆輸入品)を紹介します。

またその2.5-2では、サンダースネーク+ロマンスから派生した変化形の打ち方を紹介します。

次の記事↓

モタ芸その2.5-1 その他の8小節(32拍)技 - モタの芸の備忘録


次の次の記事↓

モタ芸その2.5-2 サンダースネーク派生系 - モタの芸の備忘録


次の次の次の記事↓

モタ芸その3 特殊尺対応技 - モタの芸の備忘録